世界一受けたい授業|座りすぎ 30分で血流が…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の世界一受けたい授業では、座りすぎのリスクを紹介されていました。座りすぎは、血流にとってあるデメリットを生じさせるのですが、30分座ると明らかに変化が起こります。

果たして30分以上の座りすぎで、血流にどんな変化が起こるのでしょうか?8月5日の世界一受けたい授業、必見ですよ。

 

 

世界一受けたい授業|座りすぎ 30分で血流が…!?

 

8月5日の世界一受けたい授業では、座りすぎのリスクについて紹介されていました。30分以上もの座りすぎは、血流にある変化をもたらすのです。

 

30分以上座ると、血流が明らかに悪くなってしまうのです。数分でも変化はあるのですが、30分を超えてくると明らかに血流が悪くなるのです。

 

ちなみに、座りすぎによる危険ラインは、8時間だそうです。これは1日のトータルの時間で、8時間を超えると危険信号だと言えるようですね。

 

血流が悪くなると、エコノミークラス症候群などのリスクが出てしまいますので、危険です。

 

 

 

スポンサーリンク

世界一受けたい授業|座りすぎでエコノミークラス症候群に!?

 

座りすぎで血流が悪くなると、エコノミークラス症候群の危険が出てきます。

 

エコノミークラス症候群とは、血流が悪くなることで、滞っている部分に血の塊である血栓が形成されることが原因で起こります。座りすぎで形成された血栓は、動いた拍子などにはがれ、血流にのって運ばれていきます。

 

血流に乗った血栓が心臓まで運ばれてしまい、心臓の血管を詰まらせてしまうのがエコノミークラス症候群です。心臓の血管ということで、命に関わる状態だということが分かりますよね、それだけ危険な状態なのです。

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加