Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mane/young-announce.biz/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

横隔膜呼吸で自律神経を改善!|たけしの家庭の医学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

たけしの家庭の医学。悲しい映画を観ても泣けない、辛いものを食べて、いつまでも汗が引かないのは、自律神経が乱れていることが紹介されました。交感神経と副交感神経系のバランスが大事なんですね。

 

 

続いては、副交感神経の働きを高める方法です。その方法とは、横隔膜呼吸です。横隔膜呼吸は、深呼吸と腹式呼吸を合わせたものです。胸式呼吸と腹式呼吸を同時に行う方法のようですね。

 

まずは胸式呼吸のやり方を紹介します。

 

①仰向けに寝て両ひざをたてる

 

②胸に手をあてる

 

③胸の動きを意識しながら大きく呼吸する

 

これを5回行う

 

続いては腹式呼吸です。

 

①仰向けに寝て両ひざをたてる

 

②脇腹に手をあてる

 

③お腹の動きを意識しながら大きく呼吸する

 

これを5回行います。

 

慣れてきたら両方を同時に行うことで、横隔膜呼吸ができるので、挑戦してみて下さい。朝起きがけと、寝る前にやってみるのがいいようです!

 

自分の意思で、交感神経を高まりすぎる自律神経の乱れを改善、コントロールできる方法。 筋肉をほぐしてから、 1日2回の横隔膜呼吸=腹式呼吸で、交感神経及び血圧が下がり、副交感神経を上げる。

 

自律神経の乱れには 横隔膜呼吸法が良いのね。

 

昨日は「主治医が見つかる診療所」でリンパの流れ改善のために腹式呼吸を紹介しており、今日は「たけしの家庭の医学」で自律神経改善のために横隔膜呼吸を紹介している。 今年の健康ブームの一つは呼吸法か!?

 

横隔膜呼吸、皆様も試してみて下さい。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加