ラブカがシンゴジラの第2形態って!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOKIOの山口さん、城島さんが生きたまま捕獲したことで話題になったラブカ、なんとシンゴジラの第2形態っのモデルになっているとの情報があります。そんなラブカとシンゴジラの第2形態について見ていきましょう。

 

 

ラブカがシンゴジラ第2形態のモデル!?

 

本日の鉄腕ダッシュは、TOKIOの山口さんと城島さんが生きたまま捕獲したことで話題になったラブカが放送されます。実はこのラブカ、シンゴジラ第2形態のモデルになっているとの話があるんです。

 

それでは、まずはシンゴジラの第2形態について見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

ラブカがシンゴジラの第2形態って!?

 

こちらがシンゴジラの第2形態です。確かによく似ていますよね。

 

シンゴジラの第2形態が、ラブカをモデルにしているというのもうなづけます。

 

 

シンゴジラの第2形態のモデル!?TOKIOが見つけたラブカとは!?

 

今回TOKIOの山口さん、城島さんが発見したラブカは、幻のサメと呼ばれるほど希少なサメです。一般的にラブカは深海に生息してるので、深海以外では生きられないのです。

 

ラブカ(羅鱶、学名 Chlamydoselachus anguineus)は、カグラザメ目ラブカ科に属するサメの1種である。ラブカ科の現生種は2種のみ。外見からウナギザメ(鰻鮫)と呼ばれることもある。大西洋・太平洋の大陸斜面、水深500–1,000メートルの海底で生活するが、日本では駿河湾、相模湾などで浅海に上がってくる。原始的なサメの特徴が見られることから生きている化石と呼ばれる。全長2メートルに達し、鰭は体後部に集中する。鰓弁は大きくヒダ状になり、英名 frilled shark の由来ともなっている。
引用元:wikipedia

 

 

 

ラブカとシンゴジラのTwitterでの反応は!?

 

ラブカがシンゴジラの第2形態のモデルというのはかなり浸透していました。それにしても、TOKIOラブカを捕まえたことで、シン・ゴジラの上陸を阻止した、というくだり、好きですねw

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加