流星隊シノに悲劇!ヤマギは…|鉄血のオルフェンズ第45話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第45話で衝撃の展開が待っていました。なんと流星隊隊長のノルバ・シノが、決死の一撃を放ち、機体と共に爆炎の中に沈んでいったのでした。

 

 

 

流星隊ノルバ・シノの悲劇

 

今回はなんか良くないことがあるのは少し思ってたけどまさかシノが…。ラスタル陣営の間者ダインスレイヴ隊やってくれましたね。そしてまさかシノが本物のダインスレイヴを反撃で使うとは。でもこの流れだとシノは…。

 

シノクラスの、一期の頃からずっと頑張ってきたキャラを無駄死にさせるなよぉ…。それが戦争だとかいわれても、そこまでのリアリティを追求しなくていいのでは?

 

最後の一撃、一矢報いても罰はあたらないでしょ。特攻に見合う戦果ぐらいあげさせてくれても…

 

もう嫌だ、好きなキャラからいなくなっていく…

 

ヤマギの左目を見たのはシノだけ…最後だからって言ってるようなものでしたね。

 

ヤマギは戦いが終わってもずっとシノの帰りを、好きな酒用意して飲みあかそうって約束を忘れず待っているのだと思うと切なすぎる!4代目流星号ガンダムフラウロスとシノ…もう一度火星の大地で戦ってほしかった…凄く悲しい。

 

でもシノもまだ散ったとは限らないはず、ヘルメット外れても2年後に生きてた人とかいましたしね!まだシノは描写されてないからまだ大丈夫、そう思いたい!

 

 

 

 

流星隊ノルバ・シノ撃墜の功

 

流星隊ノルバ・シノ撃墜において、一番の功はやはり三日月を抑えていたジュリエッタでしょう。確かにジュリエッタはやるべき仕事をやっただけなんだけど、この場面でシノの最後の一撃を逸らしたのは許せないですね。

 

ラスタルが勝ち誇ってたとこに爆炎に紛れてフラウロスがダインスレイヴ持って潜んでたシノ、かなりかっこよくて最高のシチュエーションだったのに…。

 

幼少時のマクギリスがラスタルを拒絶した理由がなんとなくわかった気が…。今回の禁忌の兵器を使うための計略、所詮ラスタルもマクギリスの父親とそれほど変わらない汚い大人の一人なんでしょうね。

 

 

 

まとめ

 

いつの間にかシノとヤマギのシノヤマコンビに魅せられていた自分がいました。

 

2人の悲劇的な運命、思い出しただけでも涙があふれてきます。

 

これはしばらく後をひきそうですね。

 

 

こちらの記事もオススメです
鉄血のオルフェンズ2期第45話「これが最後なら」ネタバレ|2月26日
KANA-BOON「Fighter」発売中止も!騒動を受け現在協議中
KANA-BOONと不倫は別!活動休止を望まないファン多数
世界一受けたい授業|英語は3語で伝わる!100単語でOK|2月25日日テレ
佐藤栞里二週間で英語のガイドになる!世界一受けたい授業|2月25日日テレ
宇垣美里アナのプロフィールが知りたい!出身や身長は?多彩な趣味に驚き

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加