世界一受けたい授業で聴導犬の特集!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の世界一受けたい授業では、聴導犬が特集されます。あまり聞きなれないかもしれませんが、本日世界一受けたい授業で特集される聴導犬について見ていきましょう。

 

 

世界一受けたい授業で聴導犬の特集!

 

今夜の世界一受けたい授業で聴導犬の仕事について紹介されます。

 

盲導犬は世間で認知されるようになりましたが、聴導犬というのはまだ聞きなれませんよね。実際に、盲導犬は見た事がありますが、聴導犬は見た記憶がありません。気づいていないだけかもしれませんが…。

 

そもそも、聴導犬はどんな仕事をしているのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

世界一受けたい授業で聴導犬の特集!

 

聴導犬は、その名の通り、聴覚に障害がある方を助けるための補助犬です。

 

聴導犬は、聞こえない人のために、生活で必要な音をタッチして教えてくれます。

 

音源に誘導してくれたりもするようですね。さすがに補助犬は賢いですよね。

 

 

世界一受けたい授業で聴導犬の特集!

 

聴導犬の役割はこちら。

 

聴導犬の役割は、火災報知機などの警報、玄関のブザーや電話などの呼び出し音、目覚まし時計の音などを聞き分ける。音の種類によって飼い主への合図を変えることによって、必要な情報を飼い主に正確に伝える。また必要に応じてそれら音の発する方向へ誘導を行う。特に、警報音では、眠っている飼い主を起こし、避難を促すなど、命を守る働きをする。
引用元:wikipedia

 

 

これを見ると、聴導犬は、聴覚に障害がある方には、必須のように思えますね。

 

災害時などは、欠かせない存在ですよね。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加